指輪・ブライダルリングの口コミサイト|Ringraph(リングラフ)

これってもしかして!?5つのプロポーズ前兆サイン

プロポーズするのは男性から、というのが一般的ですが、堂々と申し込める男性ばかりではありません。心配性でデリケートな男性も多いのです。彼女も「結婚したい」と思っているかどうか不安になったり、長く付き合っているほど照れくさくて言えないことも。

「もしかして彼からプロポーズがあるかも!?」という前兆があったら、さりげなくOKサインを送ってあげましょう。彼も勇気を出してプロポーズに踏み出せるはずです。

彼の仲の良い友達や会社の先輩に紹介される機会が増えたら要注意

彼の仲の良い友達や会社の先輩に紹介される機会が増えたら要注意

最近2人きりのデートが減って、彼の仲の良い男友達と一緒に食事をしたり、会社の先輩や後輩を紹介されたりしていませんか?その場合は「彼女と結婚しようと思っているんだけど」と彼の親しい人たちにお披露目されている可能性がありますよ。

プロポーズの前兆なので、「2人きりじゃないなんて」と怒らないであげてくださいね。彼と友達が勝手に盛り上がってしまっても「聞き上手」な態度を忘れずに!「彼の結婚相手」として周囲の方々から好印象を得ることは、彼からのプロポーズの後押しにもなります。それに彼の友達なら、結婚式や2次会のお手伝いを快く引き受けて下さるかもしれません。「彼がいつもお世話になっています」という感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

子供の頃の話や家族の話をふってくる!「結婚後の生活」をイメージしてるかも

子供の頃の話や家族の話をふってくる!「結婚後の生活」をイメージしてるかも

彼が自分の子供の頃の想い出話をしたがったり、あなたが小さい時にどのように過ごしていたのかを聞いてくることはありませんか。プロポーズをするにあたって、彼が自分の家庭の様子をあなたに知ってもらいたいと思っているかもしれませんね。

これから一緒に生活をするとなれば、お互いの価値観や家族の様子が気になるものです。彼の家族の話は否定せず受け入れながら聞くことが大切。あなたも自分の家族について彼に丁寧に話をしましょう。隠し事をするような雰囲気はNGです。お互いの家庭について理解しあえたら、今度は「2人で家庭を築くなら」という話に繋がるはずですよ。

デートに「マンションのモデルルームを見に行こう」と言いだしたらプロポーズが近い!?

デートに「マンションのモデルルームを見に行こう」と言いだしたらプロポーズが近い!?

急にデートの予定を変更して「新聞広告で見たマンションのモデルルーム見に行かない?」と彼が言い出したら、プロポーズを考え始めた前兆の可能性大です。

結婚後の2人の住まいを考えるのは当然のことですよね。あなたと2人でモデルルームを見学することで、新しい生活をより具体的に想像してみたいのでは?実際にキレイなお部屋に行ってみると気持ちも盛り上がりますし、接客スタッフと話をしているうちに「結婚を考えている」という言葉が彼から聞けるかもしれませんよ。

親子連れを目で追っているなら「子供のいる家庭」を思い描いているかも

親子連れを目で追っているなら「子供のいる家庭」を思い描いているかも

彼が仲良く遊んでいる親子連れを目で追うことが多くなったら、結婚を意識し始めたかもしれません。「男の子ができたら一緒にサッカーがしたいなあ」など具体的な話をしてきたら、プロポーズの前兆と思って良いでしょう。

彼の話に相槌をうちつつ、「子供と一緒に遊びに来れたら楽しいだろうね」というように、さりげなくOKサインを出してあげましょう。もしも「結婚はしたいけど子どもはまだ先」と考えていても、プロポーズまでは心の中にしまっておくのがおすすめです。

「実家に行こう」はプロポーズの前兆!結婚を意識した振る舞いを

「実家に行こう」はプロポーズの前兆!結婚を意識した振る舞いを

はっきりとわかりやすいプロポーズの前兆はズバリ「実家に行く」という話が具体的になることです。「いつか行こうね」ではなく「実家に挨拶に行きたいけど、いつがいいかな?」と問いかけてきたら、家族とも相談して彼を迎えてあげましょう。

彼の実家におじゃまする時はさりげない手土産や、笑顔で挨拶をすることを忘れずに。お互いにドキドキしながら一緒にそれぞれの実家へ行くことで、2人の一体感も生まれます。家族への感謝の気持ちを忘れず謙虚な気持ちを持っていれば、きっと応援してもらえますよ。

しっかりチャンスをつかまえて!

彼からのプロポーズの前兆をご紹介しましたが、いかがでしたか。もし「そういえば」と心当たりがある方は、彼を不安にさせないようにOKサインを出してあげましょう。

ちょっとした行き違いで、結婚のタイミングがずれてしまうこともあります。お互いに結婚を意識しているならチャンスを大切にして、彼からのプロポーズを現実のものにしてくださいね。