Atelier CraM(アトリエクラム) ブライダルリングを「金属アレルギー対応素材」に作り替えできるサービス「Re:build(リビルド)」をリリース

Atelier CraM(アトリエクラム) ブライダルリングを「金属アレルギー対応素材」に作り替えできるサービス「Re:build(リビルド)」をリリース

ブライダルジュエリーショップ Atelier CraM(アトリエクラム)は、金属アレルギー対応の地金素材で指輪を作り直せるサービス「Re:build(リビルド)」を2022年6月1日(水)よりリリース!

2022年06月22日更新

金属アレルギーの方を配慮した新サービス「Re:build(リビルド)」

このサービスを使うと、作った指輪のデザインを金属アレルギーに対して安心できる「サージカルステンレス」もしくは、「タンタル」で作り直しできます。

金属アレルギーかもしれないと不安を持つ方や、金属アレルギーが発症してしまった方のことを考えた素敵なサービスです。


作り替えの方法

アトリエクラムでプラチナ(Pt950)もしくはゴールド(K22/K18)のブライダルリングをお買い上げ後に、万が一金属アレルギーを発症された場合、店舗もしくはオンラインサービスへ連絡すると、上記写真のフローで金属アレルギー対応地金素材を使ってブライダルリングの作り直しをしてもらえます。


・サージカルステンレスへの作り替えの場合
料金:22,000 円
※作り替える前のデザインを再現して作り直します。

・タンタルでの作り替えの場合
料金:通常料金99,000円〜の半額料金
※タンタルでの作り替えの場合、デザインやオプションは新規でのご相談となります。
※デザインや仕様により料金は変動します。


使用する2種類の素材

サージカルステンレス

医療用のステンレススティール(錆びない鉄)という意味で作られた造語で、医療用メスや様々な医療用器具に使われている合金です。

ステンレスは「Stain(汚れ)less(無い)」のことで、汚れや錆びなどの変色が起きにくい素材です。

金属表面が安定しているため、汗などにより金属イオンが溶け出しにくいことが知られています。

タンタル

金属の中で一番黒く輝く素材で、比重の高さから心地の良い重みを感じる希少性の高いレアメタルです。

硬度が高く変色もしないので、医療用の人工骨などに使用されるほど人体にも無害と言われているそうです。








金属アレルギーを持っていて、思うように指輪探しができないカップルもいらっしゃるのではないでしょうか?
そんなおふたりは、ぜひアトリエクラムの指輪を検討してみてくださいね♡





【Re:build(リビルド) 概要】
■サービス開始日:2022年6月1日(水)〜
■公式サイト:https://www.handmade-jewelry.jp/news/rebuild/


atelier CraM(アトリエ クラム)
  • ブランド

atelier CraM(アトリエ クラム)

  • 4.7
  • 85
公式HPを見る

本記事は、2022年06月22日公開時点の情報です。
情報の利用並びにその情報に基づく判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮したうえで行っていただくようお願いいたします。

この記事が気に入ったらシェアしよう

関連記事

カテゴリ

ピックアップランキング