指輪・ブライダルリングの口コミサイト|Ringraph(リングラフ)

ずっとキレイに使いたい!結婚指輪の傷の対処法と防止策

大切なパートナーとの愛の証である結婚指輪はいつまでもきれいな輝きを保っておきたいものですよね。しかし肌身離さず付けるものでもあるため、傷つきやすいことも事実です。ここでは結婚指輪を傷から守るテクニックと、傷つけてしまったときの対処策を紹介していきます。同時にアフターケアに優れたお店もわかりますよ!

結婚指輪を選ぶときには素材にこだわろう

結婚指輪を選ぶときには素材にこだわろう

プラチナ、ゴールド、シルバー、ピンクゴールドなど結婚指輪の地金にはさまざまな種類がありますね。自分の好みに合わせて選ぶ人も多いでしょう。

しかし、この地金によって結婚指輪の持ちは大きく違ってくるものです。強度が高く安定していると言われているのはプラチナとゴールドで一般的に人気も高いです。その反面、あまりに強度が高いとリフォームをしにくいという点もあります。

ピンクゴールドはゴールドよりもさらに強度が高い割りに安価という特徴がある反面、変色しやすい点がデメリットです。シルバーは柔らかく肌馴染みは良いですが、その分傷つきやすいことが特徴。それぞれのメリット、デメリットを見極めて選択しましょう。

傷がつきやすい場所とは

傷がつきやすい場所とは

結婚指輪をつけながら過ごす日常生活のなかでは指輪が傷つきやすいさまざまなシーンがあります。そのなかでも外からの衝撃を受けやすい行為としてあげられるのはスポーツとアウトドア。ボールが飛んできたり、転んだりしたときに手で身体を守ると指輪は傷がついてしまう可能性が高いです。

またキャンプや登山などアクシデントに見舞われやすいアウトドアも注意が必要ですね。また意外と知られていないのは、女性のメイクタイム。化粧品類に含まれている油分や栄養分は指輪にとっては害になることが多く、変色してしまう可能性があるでしょう。

お家でできる傷の和らげ方

お家でできる傷の和らげ方

どんなに注意を払っていたとしてもふとしたことで指輪を傷つけてしまうことがあります。小さな傷でもショックを受けてしまうのかもしれませんが、つくってしまったものは仕方がありません。小さなものであれば、自宅でケアできるかもしれませんので諦めずにチャレンジしてみましょう。

まず曇ってしまった指輪は水で薄めた中性洗剤にしばらくの間つけてみましょう。新品のようにピカピカになります。また傷が気になるという人は研磨剤を塗りつけた布で力強く磨くと傷が格段に目立たなくなります。ただしあまり頻繁に磨きすぎるとかえって指輪を傷つけてしまう可能性があるので、数ヶ月に一度程度にとどめておきましょう。

シルバーの磨き方には注意が必要!

シルバーの磨き方には注意が必要!

中性洗剤や研磨剤を使ったお手入れ方法を紹介しましたが、これはあくまでプラチナやゴールド向けのテクニックです。変色しやすく、柔らかいシルバーにこれらの方法を適用すると却って指輪を傷めてしまうことになります。

そんなシルバーをお手入れするときにおすすめなのは重曹。水に溶かしてつけるだけで簡単にピカピカになるでしょう。シルバークリーナーもたくさん販売されているので、傷や汚れに敏感な人はひとつ持っておくといいですね。

アフターサービスが充実しているブランドとは

アフターサービスが充実しているブランドとは

家でメンテナンスしようと思っても更に傷つけてしまうことが怖くて踏み出せないという人はたくさんいるものです。またせっかくの結婚指輪であればプロによるメンテナンスを受けてみることをおすすめします。

国内ブランドの俄やミキモトはいつでもお手入れ無料というサービスがあるので、定期的に見てもらうといいですね。またオリジナルジュエリーに定評があるケイウノには職人が常駐していますので、より丁寧な磨き直しや、変形した指輪の修正をオーダーすることができます。

海外ジュエリーブランドはメンテナンスが有料となるところが多いため、頻繁に見てもらいたいという人は国内ブランドに絞って探してみるといいかもしれません。

いつまでも美しい輝きを指に

結婚指輪が汚れてしまうとまるで、自分の結婚生活までくすんだように感じてしまいますよね。何かと見られやすい手元に飾られている結婚指輪は、きれいに保ちたいと思うのはごく自然のことです。

どうしても傷をつけたくないという人はアクセサリーポーチを持ち歩いて、指輪をしまっておくこともおすすめ。最愛のパートナーからの愛の贈り物をこれから先何十年も大切にしていきましょう!