指輪・ブライダルリングの口コミサイト|Ringraph(リングラフ)

みんなどうしてる?結婚指輪つけっぱなしのメリットとデメリット

みんなどうしてる?結婚指輪つけっぱなしのメリットとデメリット

結婚指輪は常に身に付けているというイメージがありますが、実際はつけっぱなしにする人と、料理や掃除、お風呂では外すという人に分かれます。結婚指輪はつけっぱなしにしておくメリットもありますが、デメリットも意外と多いようです。また、つけっぱなしに向かないデザインもあるので、つけっぱなしにしたい人は向いているデザインも知っておくとよいでしょう。

結婚指輪、つけっぱなしにするメリットは?

結婚指輪、つけっぱなしにするメリットは?

結婚指輪は永遠の愛を誓った証。その結婚指輪をつけっぱなしにするメリットは、常に愛情を確認できることです。指輪をしているということは、結婚してお互いをパートナーとして認めているということでもあります。外で仕事をしているときも、結婚指輪が目に入ればお互いにいたわりの感情も生まれるのではないでしょうか。また、つけっぱなしにしていると外した時になんとなく落ち着かないということも。外さなければ失くさないというのもメリットです。

つけっぱなしのデメリットは衛生上の問題

つけっぱなしのデメリットは衛生上の問題

結婚指輪をつけっぱなしにしていることのデメリットはいくつかあります。その一つが衛生上の問題です。特に料理をする女性の場合、指輪を付けたままハンバーグをこねたり、生野菜を触ったりしていると、他の食品の雑菌を移してしまうことにもなります。また、指輪についた雑菌が食品に付いて食中毒の原因になることも。指輪の隙間に入り込んだ雑菌は簡単な手洗いでは落としにくいので、食中毒の心配のある気温の高い時期は、料理の前は指輪をはずして手と指輪をよく洗うほうがよいでしょう。

炎症が起きるというデメリットも

炎症が起きるというデメリットも

人によっては、結婚指輪を長い間つけっぱなしにしているうちに、皮膚に炎症などのトラブルを起こす場合もあります。指輪をつけたままの状態で菌が繁殖し、手の水虫になる例も多いので油断できません。手荒れだと思って放置したまま悪化することもあるので、指の付け根や手のひらの皮膚がポロポロ剥ける、皮膚が厚くなるなどの症状があれば、早めに皮膚科を受診しましょう。たまには指輪をはずして指輪とその下の皮膚を清潔に保つように気を付けたほうがよさそうです。

つけっぱなしに向いている結婚指輪の素材

つけっぱなしに向いている結婚指輪の素材

毎日の暮らしの中で結婚指輪をつけっぱなしにしていると、物を持ったり水に濡れたりということは日常茶飯事。そのため、結婚指輪はできるだけ傷つきにくく耐久性の高い素材である必要があります。結婚指輪として一番適している素材は、硬くて変形しにくいプラチナです。上品で美しい輝きも人気の理由ですが、長く身に付けるものとしての耐久性も結婚指輪としてふさしいと言えるでしょう。しかし、いくら耐久性の高いプラチナの指輪でも、毎日使っていれば傷や汚れも付着して、新品のような輝きを保つのは難しいもの。いつまでも輝きを失わないように、時々きれいにクリーニングするとよいでしょう。

つけっぱなしに向いているデザインは?

つけっぱなしに向いているデザインは?

常に身に付けている結婚指輪に向いているのは、シンプルなデザインのもの。日常生活では指輪をぶつけてしまう場面も多いと思いますが、シンプルなデザインであればダメージは少ないでしょう。邪魔にならないという面でも、指輪の表面の凹凸が少なく、出来るだけフラットなものがおすすめです。女性に人気のダイヤのついたデザインは、日常生活では注意が必要です。人気のハーフエタニティリングは、手のひら側に石がないので日常生活でも支障が出にくいと言われていますが、ぶつけたり衝撃を受けたりすると、ダイヤが外れてしまうことも。また、育児中は赤ちゃんの肌を傷つけてしまうこともあるので外しておくことをおすすめします。

たまには指輪を外すことも必要

結婚指輪をつけっぱなしにするメリットは精神的なものが大きいようです。それに対し、デメリットは衛生面や健康面での問題によるもの。つけっぱなし派も、時々指輪を外して、指輪のクリーニングをしたり、汗をかく季節は雑菌を繁殖させないためにも手をよく洗って皮膚を清潔に保つことも必要です。大切な結婚指輪だからこそ、面倒がらずにこまめなメンテナンスをして、いつまでも身に付けていられるようにしておきましょう。

つけっぱなしの人も多い結婚指輪。家事の時は外すという人も多いようです。つけっぱなしにしておくメリットとデメリット、つけっぱなしにしたい人におすすめのデザインもご紹介します。

ページトップへ