結婚指輪・婚約指輪の口コミサイト|Ringraph(リングラフ)  

意外と知らない!婚約指輪と結婚指輪の違い

意外と知らない!婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪の違いって?エンゲージリングやマリッジリングとは何が違うの?なんとなくは知っていても、意外と明確な違いは知らない人が多いのではないでしょうか。
ここでは婚約指輪と結婚指輪の違いを分かりやすくお伝えしていきます。

婚約指輪(エンゲージリング)とは

婚約指輪(エンゲージリング)とは

婚約指輪とは、一般的に男性が女性にプロポーズする際に渡すもので、エンゲージリングとも呼ばれています。
婚約指輪の箱を「パカッ」とするあのシーンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

婚約指輪はいつつける?

明確な決まりはないものの、プロポーズされた日から実際に結婚する日まで身に付けるものとなっていますが、結婚後も結婚式やパーティーなど、特別な日に付けていくことが多いです。
せっかくもらったのに、「タンスの肥やし」になってしまうのはもったいないので、様々なシーンで付けたいですね。

婚約指輪のデザインや価格は?

婚約指輪は立て爪(ソリティア)という一粒ダイヤのものが王道で、それ以外でも高級で華やかな印象なものが多いです。
そのため以前は「婚約指輪は給料の3ヶ月分」とも言われていましたが、最近では30~40万円くらいが平均の価格となっています。

サプライズでも安心

男性は、「サプライズであげてサイズが合わなかったらどうしよう」「デザインが気に入らなかったらどうしよう」など不安になることも多いかもしれませんが、 プロポーズ後にあとから2人で来店し、サイズやデザインを選び直せるというブランドもたくさんあるので、是非チェックしてみてください。

セットリングも人気

また、婚約指輪は基本的には男性が女性にプレゼントするものですが、プロポーズのあとに2人で一緒に選ぶというカップルも多くなってきており、結婚指輪と組み合わせて選べるセットリングも近年人気です。

結婚指輪(マリッジリング)とは

結婚指輪(マリッジリング)とは

結婚指輪は、結婚したカップルが普段の生活で身に付けるもので、マリッジリングとも呼ばれます。
結婚式での指輪交換が印象的かもしれません。

結婚していることの証

職種などによっては身に付けない人もいますが、多くの人は普段の生活の中で身に付けています。
結婚指輪を付けることによって、周りに「結婚しています」ということがわかります。

結婚指輪の平均価格は?

結婚指輪は2つあわせて10~30万円が平均ですが、「婚約指輪を買わないかわりに結婚指輪にお金をかける」なんてカップルも多いようです。
素材によっても価格が変わってくるので、しっかり2人で相談して決めましょう。

刻印も様々

結婚指輪は結婚の証として一生身に付けるということもあり、刻印を入れることが多くあります。
Ringraphのクチコミデータでは約60%と半数以上の人が刻印を入れているようです。
刻印の中でも多いのが「日付」と「イニシャル」を組み合わせたもの。日付は結婚記念日以外にも、付き合った記念日など、思い出の日付を入れるカップルもいます。

一覧へ戻る

婚約指輪と結婚指輪の違いって?エンゲージリングやマリッジリングとは何が違うの?意外と知らない婚約指輪と結婚指輪の違いを分かりやすくお伝えします。

ページトップへ