指輪・ブライダルリングの口コミサイト|Ringraph(リングラフ)

こんな理由があった!婚約指輪の意味とメリット

プロポーズをして結婚を約束したら贈る婚約指輪。当たり前のように思っていますが、これはもともと日本にはなかった風習です。婚約指輪を薬指につける理由を調べてみると、その由来は古代ローマにまでさかのぼります。

また、婚約指輪は左手薬指にすると決まっているのは右手薬指と左手薬指それぞれに意味があるため。知っているようで知らない、婚約指輪を贈る理由やもらうメリットなどについて解説します。

婚約指輪の由来

婚約指輪の由来

婚約指輪の由来は古代ギリシャや古代ローマ時代とも言われています。当時は愛する女性に結婚という契約の証として円形の指輪が贈られていたようです。現在のような婚約指輪は、中世ヨーロッパにおいて、貴族が婚約の証に婚約者に指輪を贈った風習が始まりと言われています。

日本で婚約指輪が贈られるようになったのは、江戸時代後期の鎖国が終わる頃。結納品としての婚約指輪が定着したのは1960年代だと言われています。当時はダイヤモンドの指輪を贈ることは少なかったようですが、やがて現在のようなダイヤモンドのついた婚約指輪が一般的になりました。海外では、夫の祖母や母親から受け継いだ指輪を婚約指輪として贈ることも多いようです。

婚約指輪を薬指につける理由

婚約指輪を薬指につける理由

古代ギリシャでは左手の薬指の血管が心臓につながっているため、神への誓いという意味を込めて左手の薬指に指輪をするようになったと言われています。その後、中世ヨーロッパの頃には、婚約指輪、結婚指輪ともに左手の薬指につけるように正式に決められるようになりました。

右手薬指と左手薬指はそれぞれに意味を持っています。右手薬指はリラックスや心の安定をもたらし恋愛を成就させる指。左手薬指は愛の証、婚約・結婚の証の指。そのため婚約指輪は左手薬指にするものと決まっているのです。

婚約指輪を贈る理由

婚約指輪を贈る理由

このような由来のある婚約指輪を贈る一番の理由は、彼女に愛の証の指輪を贈ることで喜んでもらえるから。結婚についてきちんと考えていることを伝えることができ、結婚に対する意識も高まります。

また、彼女の両親や親戚へきちんと挨拶できることや、結納で必要になるというのも理由の一つ。正式に婚約指輪を贈ることで、彼女との結婚を真剣に考えているということをアピールできます。

また、贈った指輪は一生の宝物として大切にしてもらえれば、贈った方としても何よりも嬉しいのではないでしょうか。

婚約指輪をもらうメリットは?

婚約指輪をもらうメリットは?

女性にとって婚約指輪をもらうメリットは、なんといっても自分のことを思って婚約指輪を贈ってくれたという喜びに浸れることと、男性と同じように指輪をすることで結婚への覚悟ができること。婚約指輪を贈られることで、新生活への期待や喜び、幸せというものを感じることができるのではないでしょうか。

また、憧れのダイヤモンドのリングを手にできるという喜びもあります。また、周囲の人々へ婚約していることをアピールするのも婚約指輪の役割です。

婚約指輪はできる範囲で

婚約指輪はできる範囲で

婚約指輪の相場は30万円とも言われます。もちろんそれだけ価値のあるのものを贈られれば女性としてはうれしいもの。ただ、誰もがそれだけのお金をかけられるわけではありません。大切なのは、彼女を思う気持ちです。

そう考えると、代々受け継いだ指輪を贈る海外の風習というのも素敵なもの。そのような指輪があって、それを大切にしてくれそうな彼女であれば、受け継いだ指輪を贈るのもよいでしょう。

もし高い婚約指輪を買えなくても、思いをこめて贈ることが大切です。結婚してこれから生涯一緒に過ごそうと思う彼女であれば、わかってもらえるのではないでしょうか。

婚約指輪はできれば欲しいけれど…

婚約指輪は多くの女性にとってあこがれの指輪。要らないという人は少ないのではないでしょうか。一方、結婚指輪を買うから婚約指輪は買わないという現実的なカップルも多いようです。

また、仕事柄普段指輪はつけないという女性は、もらうならもっと実用的なものが欲しいという場合も。ライフスタイルによって考え方も変わります。カップルそれぞれの形で婚約指輪を選びましょう。