【PR】

婚約指輪・結婚指輪のQ&A

結婚するにあたって必要となってくる婚約指輪と結婚指輪。「指輪の平均相場ってどれくらい?」「ダイヤモンドの4Cって何のこと?」「指輪のデザインにはどんな種類があるの?」など、指輪選びについて事前に知っておいてほしいことをQ&A形式でご紹介します!

  • 婚約指輪と結婚指輪の違いとは?

    婚約指輪は婚約の証として贈られることが多く、エンゲージリングとも呼ばれています。婚約期間中はもちろんのこと、パーティーなどの特別なときに身につけることが多いため、ダイヤモンドが目立つ華やかな指輪が人気です。

    結婚指輪は結婚した証として購入されるもので、マリッジリングとも呼ばれています。こちらは2人が日常的に身につけるものなので、シンプルなデザインの指輪が人気です。

  • 婚約指輪の平均購入価格はどれくらい?

    アンケートによると、婚約指輪の平均購入価格は【33.3万円】でした!
    婚約指輪といえば「給料の3か月分」というイメージが強いですが、意外にも購入価格で多い価格帯は、「20万円~30万円」「30万円~40万円」が同率で最も多い結果に。

    婚約指輪にはメインのダイヤモンドが飾られていることが多いので、ダイヤモンドの大きさや質(4C)によって価格が左右されます。

  • 婚約指輪の人気のデザインは?

    アンケートによると、婚約指輪の人気のデザインは「ソリティア」が最も多く、次いで「メレ」という結果になりました。

    最近では、結婚指輪との重ね付けを前提としてエタニティタイプの婚約指輪も人気が出てきていますが、やはりリングの真ん中にダイヤモンド留められているような王道デザインの人気も続いています。

  • ダイヤモンドの4Cとは?

    4Cとはダイヤモンドの品質を表すもので、Carat(カラット)、Color(カラー)、 Clarity(クラリティ)、 Cut(カット)の頭文字を取ったもの。この4つの条件が揃って、ダイヤモンドの品質が決まります。

  • 婚約指輪の人気のカラット数はどれくらい?

    アンケートによると、「0.2ct~0.3ct未満」の人気が最も高く、次いで「0.3ct~0.4ct未満」という結果になりました。大きすぎず小さすぎずというサイズ感なので、平均的な婚約指輪を購入したい場合は、このくらいのカラットを検討するのがおすすめ!
    また、結婚指輪と重ね付けする際のバランスや手の大きさに合わせて、カラットを選ぶのも後悔しないポイントのひとつです♪

  • 婚約指輪・結婚指輪はどこで購入するのがおすすめ?

    婚約指輪・結婚指輪を購入できる場所は、ブランド直営店やセレクトショップ、百貨店などがあります。
    直営店では、基本的にそのブランドの商品のみを取り扱っているのでラインアップが豊富です。また、自社ブランド・商品に精通した専門スタッフが対応してくれる点も魅力のひとつですね。
    一方でセレクトショップや百貨店は、複数のブランドの指輪をじっくり比較検討できるのでとても効率的♡「とにかく色んな指輪を試着してみたい」「納得のいくまで探したい」という方におすすめです。

  • サプライズで婚約指輪を用意する場合のコツは?

    パートナーの寝ている間に糸や紙を使って指のサイズを測るというやり方もありますが、最近では「プロポーズリング」という種類の指輪があります。
    「プロポーズ専用の指輪」で比較的安価なものが多く婚約指輪とは別物なので、パートナーの好みや指のサイズが分からないという方でも安心!プロポーズリングを使ってプロポーズをしたあとに、改めてパートナーと一緒に正式な婚約指輪を選ぶことができます。

婚約指輪の関連記事

関連記事をもっと見る

カテゴリ別ブランド・セレクトショップランキング Ringraphに寄せられたクチコミから最大112通りの様々なランキングを作成しています。是非あなたに合ったランキングを見つけてください。

カテゴリ別商品ランキング